ホーム > 

次号予告 (周産期医学)

公式twitter

取り扱い書店

次号予告 (周産期医学)

周産期医学47巻3号(3月号)
大規模災害と周産期医療―熊本地震からまなぶ
判型 B5
頁数 140
発行 2017年3月


定価:3,132円(税込) 販売予定

目次

総説
 過去の大規模災害からまなぶこと―産科医療……菅原 準一
 過去の大規模災害からまなぶこと―新生児医療……田村 正徳
 周産期医療体制整備における災害対策について―行政の対応……松本 陽子
 DMATと周産期医療のかかわりの理想的なあり方……岬  美穂

各論Ⅰ.熊本地震 現地の状況と課題
 初期対応(被災病院から)
  産科……大田俊一郎
  新生児……川瀬 昭彦
 県内の対応
  産科:熊本地震における周産期医療の対応―熊本地震緊急周産期医療対策プロジェクト……坂口  勲
  新生児……岩井 正憲
  災害時の看護―熊本地震発災時の看護スタッフの避難行動を振り返る……吉村 圭子
 隣県の受け入れ体勢とその課題
  産科……藤田 恭之
  新生児―NICU避難に残された課題……岩田 欧介

各論Ⅱ.熊本地震 支援体制
 災害時小児周産期リエゾンの現状
  産科:熊本での対応―日本産科婦人科学会と小児周産期リエゾン……津田 尚武
  新生児……伊藤 友弥
 支援ネットワークの構築
  新生児医療連絡会災害時連絡網……大木  茂
 全国的な支援体制
  日本産科婦人科学会医師派遣事業……西ケ谷順子
  日本新生児成育医学会新生児医派遣事業……戸津 五月
  産婦人科災害マニュアル……西ケ谷順子
  NICU災害マニュアル……和田 和子

各論Ⅲ.震災に対する今後の取組み
 災害に備えた教育・訓練……鈴木  真
 被災後の取り組みの方向性……海野 信也
 災害時における新生児栄養のあり方……板橋家頭夫
 NICU卒業生を中心とした在宅医療小児と家族の震災時の支援活動……緒方 健一
  Copyright © tokyo-igakusha.co.jp. All right reserved.