ホーム > 

腎臓病診療のためのエネルギー代謝ガイド

公式twitter

取り扱い書店

腎臓病診療のためのエネルギー代謝ガイド

腎臓病診療のためのエネルギー代謝ガイド
著者 前田益孝 JAとりで総合医療センター腎臓内科

判型 A5
頁数 100
発行 2016年6月

ISBN 978-4-88563-264-8

定価:1,944円(税込) 在庫有り
カートに追加

目次

目次
はじめに
略語 一覧

Ⅰ.エネルギー代謝量は何に依存するか
Ⅱ.エネルギー代謝のbalance study
Ⅲ.エネルギー代謝の調節因子
 1.セットポイント説
 2.細胞内エネルギー調整系
 3.メタボリック プログラミング
  A.受精前:遺伝子レベル
  B.受精後:エピジェネティックレベルと器官形成
   a.エピジェネティックレベル
   b.器官形成
 4.内分泌因子
  A.インスリン
  B.エストロゲン(女性ホルモン)
  C.アディポ(サイト)カイン
   a.アディポネクチン
   b.レプチン
   c.レジスチン
   d.ビスファチン
   e.プログラニュリン
   f.ケマ(メ)リン
   g.オーメンチン(-1)
   h.バスピン
   i.sfrp5
   j.レチノール結合蛋白4
   k.アンジオポエチン様蛋白質(因子)2
  D.ニューデシン
  E.消化管ホルモン
   a.グレリン
   b.グルカゴン様ペプチド-1
   c.コレシストキニン
  F.オキシトシン
  G.プロスタシン
  H.オレキシン
  I.フェチュインA
  J.線維芽細胞増殖因子
  K.ネスファチン-1
 5.脂肪酸
  A.短鎖脂肪酸
  B.中・長鎖脂肪酸
  C.不飽和脂肪酸
  D.リン脂質・カンナビノイド
 6.腸内細菌叢
 7.自律神経制御
Ⅳ.エネルギー消費量
 1.運動の効用
 2.エネルギー消費量の推定
 3.エネルギー消費量の測定
  A.呼気ガス分析(間接熱量測定)
  B.日常生活調査票からの算定
  C.加速度センサー
Ⅴ.エネルギー摂取量の確認
Ⅵ.エネルギー代謝:将来への課題
 1.人工甘味料
 2.果糖は進化の福音か
 3.カロリーは制限すればよいのか

おわりに
索引

  Copyright © tokyo-igakusha.co.jp. All right reserved.