ホーム > 

アグネス・フォーゴの腎病理入門 原書第2版

公式twitter

取り扱い書店

アグネス・フォーゴの腎病理入門 原書第2版

アグネス・フォーゴの腎病理入門 原書第2版
監訳 今井直彦

判型 B5
頁数 240
発行 2016年6月

ISBN 978-4-88563-265-5

定価:8,640円(税込) 在庫有り
カートに追加

目次

目次
1章 腎臓の解剖および腎病理の基本概念とその手法
 1.腎臓の解剖および腎病理の基本概念とその手法
  正常解剖
  腎組織の検査
  腎構造の病理学総論
  腎疾患の発症機序

2章 ネフローゼ症候群を呈する糸球体疾患
 2.慢性腎症
  病理所見
  病因/発症機序
  臨床と病理の相関
 3.膜性増殖性糸球体腎炎とC3腎症
  はじめに/臨床背景
  病理所見
  病因/発症機序
  臨床と病理の相関
 4.微小変化群と巣状分節性糸球体硬化症
  はじめに/臨床背景
  病理所見
  病因/発症機序
  臨床と病理の相関
  二次性とそのほかのFSGSの亜型

3章 腎炎症候群を呈する糸球体疾患
 5.感染後糸球体腎炎
  はじめに/臨床背景
  病理所見
  病因/発症機序
  臨床と病理の相関
 6.IgA腎症とIgA血管炎(ヘノッホ・シェーンライン紫斑病)
  はじめに/臨床背景
  病理所見
  病因/発症機序
  臨床と病理の相関
 7.菲薄基底膜病とアルポート症候群
  アルポート症候群
  菲薄基底膜病

4章 全身疾患に伴う腎病変
 8.ループス腎炎
  はじめに/臨床背景
  病理所見
  さらなる試み
  病因/発症機序
  臨床と病理の相関
 9.半月体形成性糸球体腎炎と血管炎
  はじめに/臨床背景
  抗糸球体基底膜病
  Pauci-immune型のANCA関連糸球体腎炎および血管炎
  結節性多発動脈炎
  川崎病
  大動脈炎

5章 血管病変
 10.腎硬化症と高血圧症
  動脈硬化性腎硬化症
  コレステロール塞栓症
  強皮症(進行性全身性硬化症)
 11.血栓性微小血管症(TMA)
  はじめに/臨床背景
  病理所見
  病因/発症機序
  臨床と病理の相関
 12.糖尿病性腎症
  はじめに/臨床背景
  病理所見
  病理分類
  病因/発症機序
  臨床と病理の相関

6章 尿細管間質病変
 13.急性間質性腎炎
  はじめに/臨床背景
  一般的な病理所見
  病因/発症機序
  臨床と病理の相関
 14.慢性間質性腎炎
  はじめに/臨床背景
  病理所見
  病因/発症機序
 15.急性尿細管壊死
  はじめに/臨床背景
  虚血性急性尿細管壊死
  中毒性急性尿細管壊死

7章 形質細胞疾患に関連した腎病変
 16.ベンスジョーンズ蛋白円柱腎症
  はじめに/臨床背景
  臨床所見
  病理所見
  発症機序
 17.単クローン性免疫グロブリン沈着症
  はじめに/臨床背景
  軽鎖沈着症/重鎖沈着症
  病理所見
  病因/発症機序
 18.アミロイドーシス
  はじめに/臨床背景
  病理所見
  病因/発症機序
 19.二次構造を呈する沈着を伴うほかの疾患
  はじめに
  細線維性糸球体腎炎
  イムノタクトイド糸球体症
  臨床との相関

8章 腎移植病理
 20.移植腎拒絶反応
  急性細胞性拒絶反応
  急性抗体関連型拒絶反応または急性液性拒絶反応
  超急性拒絶反応
  後期移植腎喪失
  慢性抗体関連型拒絶反応または慢性液性拒絶反応
 21.カルシニューリン阻害薬毒性,ポリオーマウイルス,原疾患再発
  カルシニューリン阻害薬毒性
  ポリオーマウイルス
  原腎疾患再発

  Copyright © tokyo-igakusha.co.jp. All right reserved.